ESP32でI2C通信

ESP32のI2C通信はArduinoのWireライブラリを使うことで簡単にできる.
まず,SCLピン,SDAピンの設定を行う必要がある.
* Arduino UNOの場合A4,A5
Wire.begin(SCL, SDA)

自分はこのプログラムだけでは動きませんでした.そこで, プルアップ抵抗を5VとSDAピン,SCLピンの間に挟むと動くようになりました.

そもそもi2cがうまくいっているかどうかは,I2Cスキャナープログラムを利用すると確認できます.
もともとこのプログラムはi2cのアドレスを調べるプログラムです.そのため,うまくいっている場合はi2cアドレスが表示されます.
https://playground.arduino.cc/Main/I2cScanner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。